不妊で悩まれている方

ホーム  »  来院する患者様の症状例  »  不妊で悩まれている方

不妊で悩まれている方へ

(不妊症の定義)

 

「不妊症」とは、産婦人科的には「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」をいいます。

健康な男女が結婚して通常の性生活を営んでいる場合、1年以内に約80%、2年以内では約90%が妊娠しているとの結果が出ています。

つまり、赤ちゃんが欲しいのに恵まれないという人も多く、夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるということになります。

 

また、不妊症の疑いがない男女が、排卵日にセックスをしても、妊娠する確率は20%程度といわれています。

このように考えると、赤ちゃんの誕生は、意外に簡単ではないことがわかります。

 

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計で不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明となっています。

 

このことからも、不妊症の原因が男性側にある夫婦は約4組に1組で、女性男性両方に不妊症の原因がある夫婦も約4組に1組となり、男性の原因が考えられるものは約2組に1組と約半数にのぼります。

 

 

(不妊症の原因)

(女性側の原因)

①卵管障害

受精の場となる卵管が詰まっていたり細かったりして、卵子と精子が出会えないのが、卵管障害です。

不妊の3040%を占めるといわれ、最も大きな原因となっています。

卵管障害は、クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症が原因で起こることが多いようです。

 

②排卵障害

卵子が育たない、育っても排卵できない場合を排卵障害といい、不妊の約25%を占める大きな原因となっています。

そのほとんどは、ホルモンのアンバランスによって起こります。

 

③子宮の異常

子宮内膜に異常があると、せっかく受精しても、受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産してしまいます。

子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症や、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが主な原因です。

また、子宮が2つあったり、子宮の形に異常があったりする場合も、妊娠がむずかしくなります。

 

④子宮頸管の通過障害

精子が、子宮の入口である子宮頸管を通過できないという障害です。

代表的なものに抗精子抗体があります。

また、頸管粘液の分泌が少ないため、精子がうまく通過できないこともあります。

 

⑤骨盤内の病変がある

子宮内膜症、腹膜炎、開腹手術の後遺症などによって、骨盤内に癒着が起こり、卵子の成長や排卵が阻止されるものです。

 

⑥膣や外陰部のトラブル

特殊なケースですが、半陰陽、腟の欠損や奇形、処女膜閉鎖などのトラブルがある場合は、そのままでは妊娠は不可能です。

 

 

(男性側の原因)

①性交障害

ペニスが勃起しないために性交ができないインポテンツや、勃起しても女性の腟内にうまく射精できない場合には、セックスによる自然妊娠はむずかしくなります。

 

②精管通過障害

精子の通り道である精管が、先天的な異常、開腹手術や事故の後遺症などによって、ふさがってしまったものです。

 

③精子の異常

精子がまったくつくられない、数が少ない、動きが悪い、奇形が多いといったもので、男性不妊の80%を占めるといわれています。

ホルモン異常、先天的な精巣の異常、尿路感染症や性感染症、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの高熱性の病気、ストレスなどによって、精巣の機能がそこなわれることが原因です。

 

④全身的な疾患や疲労

糖尿病などの内分泌疾患、過度の疲労、度を越した飲酒や喫煙なども、精子の形成に悪影響を与えます。

 

 

(原因が不明の場合)「機能的な原因

 

高額な医療費や、身体的・精神的苦痛に耐えながら不妊治療を受けても、妊娠に至らない場合も少なくありません。

現在の医学の高度生殖医療が、卵管閉塞や染色体異常、子宮奇形などの「器質的な原因」の治療を得意とした治療法であるためです。

上記以外の不妊症を「機能性不妊症」といいます。

このタイプの不妊症は、約10%あるといわれています。

妊娠に至るには卵子の質の改善、子宮内膜(粘膜)の機能改善などの「機能的な」治療も非常に大切です。

 

   年齢による卵子の質の低下

毎日新たに創られるフレッシュな精子とは違い、母体が40代ならば同様に卵子も40代であり、母体と同様卵子も毎日老化が進みます。

30歳の日本女性の高度生殖医療の妊娠率26.65%(2011年日本産科婦人科学会)と比較して、40代の妊娠率は10%以下と、年齢と反比例して大きく急降下するのも母体や卵子の老化が原因だからです。

つまり機能性不妊の治療で主な目的は「老化との戦い」であり、「卵子のアンチエイジング治療」です。

 

②ストレス

③セックスレス

④運動不足

 

ページの先頭へ